訪問介護士ヨーコのブログ

訪問介護員(ホームヘルパー)として働く主婦のお仕事奮闘記

まずは介護職員初任者研修を取得してから介護士の求人を探した方がいい

ブログランキンに参加しています!下のボタンから、このブログの順位が分かりますよ!

にほんブログ村 介護ブログ 訪問介護へ 

まずは介護職員初任者研修を取得してから介護士の求人を探した方がいい

現在は、老人ホームといっても特養をはじめ有料老人ホームや病院、デイサービスなどの高齢者施設がある。

他に高齢者施設以外でも多くの施設で介護士が必要となっている。

求人広告には毎週必ずといっていい程、介護士の募集が出ている。

施設は増えているのに介護士が足りないのはここ数年のこと。

また、不景気が続いているせいか、介護職員初任者研修を受ける人が増加しているのも事実。

しかし、学校や養成所で資格を取得したとしても、理想と現実のギャップで辞めてしまう人も多いのだろう。

本当に介護士を目指すのであれば、介護職員初任者研修を取得してから、就職先を探したほうが有利なのは確かなこと。

未経験者より経験者、無資格者より資格所持者が優先されるのは当たり前のこと。

老人ホームは随時人手が足りないためか、未経験でも介護職員初任者研修を取得していれば問題ないという所も多い。

資格を持っていると就職先の選択肢はかなり広がる。それは、未経験でも同じ事。

たかが民間資格だがバカにはできない。

最初は誰でも未経験。

いくら資格を持っていたとしても、経験者にはかなわない。

一つ一つ仕事を覚えて、自分のスタイルを作っていくことが一番大切だと思う。

最初は余裕こそ無いかもしれないが、そのうち教えられた事以外に、他の介護士の動きを盗み見る余裕が出てくる。

職人とは少し違うけど、他の介護士の仕事を見ることによって、良くも悪くも勉強になる。

言われた事だけやってるのは最初の頃だけで十分。

ある程度の技術が身に付いたら、自分で勉強して前向きに介護を行う。

それによって、仕事のやりがいも評価も変わってくる。自分もそうだった。

介護職員初任者研修の資格は介護士のスタートを切るためには必要不可欠だし、介護士の第一歩を踏み出す為のチケットみたいなものだと思ったほうがいい。