認知症の父と専業主婦の在宅介護奮闘記

認知症で要介護3の父を介護する専業主婦の私…。いろんなことがあって大変ですが、毎日の介護に奮闘する姿をつづっていきます!

介護士としての目標

介護職員初任者研修もあと残り2回のスクーリングと筆記試験で終わり。

いよいよ介護士として働く日も近づいてきました。

なので、今日はどういった風に介護士と在宅介護を両立していくか、ちょっとした目標を立てます。

まず大前提に、私には認知症の父がいるのでフルタイムでの勤務は厳しい。だから父をデイサービスに預けながら、隙間時間に訪問介護をするようにしたい。

でも、働き出しても結局デイサービスを利用するのであまりお金はたまらないけど、それよりも経験が詰めるからよしとする!

将来的には介護施設でも働いてみたいと思ってる。在宅介護とは全然違うって聞くから、施設の介護方法も経験しておきたあ。

あとは介護福祉士の取得を目指す!実務経験がない私は、必然的に実務者研修を取らなきゃだけど、その時も頑張る!

そして最終的にはケアマネジャーを目指して、自分のような在宅介護に直面した人の手助けをしたい!むしろこれをやるために介護士になるようなもの。

私が初めて在宅介護をすることになったとき、ケアマネの人にすごくお世話になった。その人も在宅介護の経験があって、その知識を活かしたいからケアマネになったんだって。それを聞いて、私も同じように仕事を通じて人助けをしたいって気持ちになったの!

現在進行形で認知症の父を介護してるって点では、いろんな人に止められたけど、父のためにももっと経験しなきゃって思ったし…。

でもまぁケアマネになるには実務経験5年必要だから、とにかく続けるようにしなきゃだよね!

とりあえず目標はこんな感じ!心が折れそうになったらこのブログを見返すよ!