認知症の父と専業主婦の在宅介護奮闘記

認知症で要介護3の父を介護する専業主婦の私…。いろんなことがあって大変ですが、毎日の介護に奮闘する姿をつづっていきます!

介護が必要な父の楽しみ

日中のほとんどをテレビの前で過ごしている父。見ているかどうか分らない状態で、いつもボーっとしています。

介護が必要になって車の運転も禁止になったころから、大好きだった釣りやゴルフに行く機会も減った父。すっかり生気を失ってしまい、しばらくは本当に心配でした。

そんな父にも最近楽しみが出来たようです。その楽しみとは、森三中の大島さんです。

毎週日曜日の午後8時は、決まって「世界の果てまでイッテQ!」を見ています。ヨダレ&鼻水をまき散らす大島さんのワイルドで躍動する姿を見て、父は毎週ブホブホ笑っています。

大島さんが妊活をしていた頃はちょっと寂しそうでしたが、同じ森三中の黒沢さんと村上さんの姿を見て、抑え気味のブホブボをしていました。

そんな父の姿を見てると、本当に子どもに戻ったんだな~って感じます。私や夫的には、大島さんのヨダレや鼻水にあきれているのですが、小学生の娘と父はとても面白がっています。

漫才やコントのように、しっかり話しを聞いていないと分らないお笑いより、リアクション王の出川さんや大好きな大島さんのように、直感的に笑えるお笑いの方が楽しいんだと気付きました。

でも不思議なんですよね。父が楽しそうにしていると介護で疲れ切っている私も元気になっています。笑いの力ってすごい。

今度TSUTAYAで、世界の果てまでイッテQ!のDVDでも借りてこようかな~